088686
++Diary++


2016年4月
     12
3456789
1011121314
15

16
17
18
1920212223
24252627282930



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
眠い
それは今日になってすぐの事。
さて、明かりを消して眠りにつこうかと思ったら、
ドン!
という音と揺れが始まり、みるみるうちに棚から物が落ちました。

腰が抜けて震えが止まらず、しばし呆然。
でも、本棚とでかい梁がある部屋に寝ている父を叩き起こし、
渋る父を茶の間に連れてきて、
携帯、テレビ、防災無線(戸別に受信器が配置してある)で
なんども緊急地震速報が流れ、
妹からの電話、従姉妹達からのLINEで勇気付けられ、
津波が来るから避難指示も出ましたが、
家にいました。
すぐに解除だったので。
ほぼ一睡もせずによあけがきました。

こんなに夜明けが嬉しいのは初めてです。

家の周りを確認し、近所の人達と話をして
少し落ち着いて、
熊本市内の友達、親戚に連絡して、
老夫婦二人暮らしのオバの息子が福岡から一時帰省していて、
夜中にも連絡しあってたので、
こちらは電気も水も今の所は大丈夫だと言うと、
「天草に連れて行こうかな」と言っていた。
本家が我が家のすぐそばなので、それがいいということになって、
電話を切って、その後2時間ほどソファーで仮眠したら
頭の痛みが少しらくになりました。
ウトウトとまどろみながら目覚めると
ドン!とまたやってきて、震えが止まらないでいたら
電話がなって「着いたよ」との事。
ちょっと会いに行ったら、道路状況がすごい事に成ってるらしく、
「なんで天草はひどくない?五橋はなぜ通れる?」とか、
先人達に感謝していました。
2016年4月16日(土) No.2918

No. PASS
No. USER PASS


Photo by minoko
[Admin] [TOP]
shiromuku(cu3)DIARY version 1.31